マスターデータ管理のメリット

消費財(CPG)

データの一元化によりサプライチェーン全体を効率的に管理し、顧客やサプライヤーが求める製品やオファー、サービスを提供。
Consumer Packaged Goods
さらに表示 表示を減らす

サイロ化されたデータを統合し、 製品の開発と製造、サプライヤーとの連携、プロダクトプレイスメントなど、様々な分野からビジネス全体を向上。

北米だけでも、消費財(CPG)産業は総額2兆ドルに上ります。 従来、パッケージ製品は実店舗で販売されるものでしたが、顧客の期待値の変化により、デジタルチャネルでも販売する企業が増えています。 さらに、製造やサプライチェーンの工程でもデータ活用が盛んになっています。

CPG企業は消費動向だけでなく、最新テクノロジーやチャネル(例:Amazon EchoやDashなど)、コストの上昇、製品価格のデフレ、売上増加へのプレッシャーにも対応しなければなりません。

卸売流通業者や飲食企業も、マスターデータ管理(MDM)を活用すれば、データの透明性を実現し、一元化されたデータから事業の全体像を把握して競争力を高めることができます。

CPG企業は、MDMにより一元化された信頼性の高い情報源を獲得し、正確なデータにもとづいてガバナンス規則や業務を強化することができます。 最終的にはデジタルトランスフォメーションを実現し、これまでの体制から、デジタル時代を生き残る企業に飛躍することができるのです。  

MDMの活用によりデジタルトランスフォメーションを実現し、より優れた製品やサービス、オファーの提供が可能に

消費者への直販(D2C)を成功に導く5つの重要ポイント 消費者への直販の始め方と主な考慮点についてご覧ください。 電子書籍を見る
Kellogg社の成功事例 マスターデータ管理によりシームレスなブランドエクスペリエンスを構築し、商品の市場投入までの期間を短縮して、データの一元化に成功した大手食品メーカーの事例をご覧ください。 成功事例を見る
マスターデータ管理の使用状況:企業は進んでいる?遅れている? データの整理や検索が「うまくいっている」または「非常にうまくいっている」のは企業全体のわずか13%にすぎません。 電子書籍を見る
すべてのリソースを見る
90%
CPG産業における前年度のオンライン売上成長率
CPG 戦略ブログ(2018年)
20%
2025年までに、消費財の売上のうちオンライン売上が占める割合
Forbes.com(2018年)

新しいデジタルビジネスモデルを確立し、既存ビジネスの成長を促進

製品開発プロセスの変革

アイデア立案から製品化まで、製品開発プロセスのすべての段階を向上


Transform products
さらに表示 表示を減らす
さらに表示 +
コンプライアンスの強化

膨大な数の製品のコンプライアンス管理を簡素化し、法規制の遵守を徹底できます。


IND_CPG_meets-regulations_shutterstock_245572972
さらに表示 表示を減らす
さらに表示 +
サプライチェーンの最適化

ライフサイクル全体を通して製品を追跡し、単一ビューで表示。


IND_CPG_opt-the-supply-chain_shutterstock_1164027223
さらに表示 表示を減らす
さらに表示 +
市場投入までの時間を短縮

サプライヤー、ベンダー、バリューチェーンパートナーとの間で素早く情報を交換。


Accelerate time to market
さらに表示 表示を減らす
さらに表示 +
詳しくは… Stibo Systemsにぜひご相談ください マスターデータ管理ソリューション&サービスにかけて40年の経験と実績を誇るStibo Systems。
貴社のビジネスを第一に掲げる「ビジネスファースト」で、様々な角度からビジネスの成功をサポートいたします。
お問い合わせ