マスターデータを使う     すべての人に有益であるために

マスターデータを必要とする様々な立場から、 どのようにマスターデータを活用しビジネス目標の達成に役立てていくべきかを考えています。
ビジネスの成果を導くマスターデータ活用の第一歩は「あなた」の視点から 

マスターデータ管理はあらゆる企業活動にとって不可欠な取り組みです。  しかしながら、マスターデータの管理だけでなく、活用を通じて最大限の効果を得るためには、多くの経験と専門知識が必要です。マスターデータを必要とする人の役割や立場によって、その目的や効果はさまざまです。
最高情報責任者(CIO) CIOは、イノベーションを促進したり、ビジネスの成長課題(カスタマーサービス、デジタルトランスフォメーションなど)の解決を図るためのIT戦略を策定します。 マスターデータ管理を活用することで、計画を着実に実行に移すことができます。 詳しく見る 最高マーケティング責任者(CMO) デジタル化が進み、顧客が主導権を握る時代になりました。CMOの仕事は、この時代の変化の波に乗ることです。マスターデータ管理を活用すれば、他社を一歩リードするためのデータや知見を得ることができます。 詳しく見る 最高データ責任者(CDO) CDOの到来は、現代においてデータが重要資産として認められるようになったことを示しています。 マスターデータ管理を活用すれば、プライバシー保護を徹底し、データを最適化して最大限のビジネス価値を得ることができます。 詳しく見る MDM担当リーダー/マネージャー マスターデータがビジネス戦略の最前線となり、それを率いるのが MDM担当マネージャーの仕事。最適なソリューションがあれば、無限の可能性が広がります。 詳しく見る IT担当リーダー/マネージャー 常に移り変わるビジネスニーズに対応できるシステムを構築、管理することは「終わりなき挑戦」。マスターデータ管理を活用すれば、そのITプロセスを効率化することができます。 詳しく見る マーケティング担当リーダー/マネージャー マーケティングのパーソナライズ化には、正確なデータの入手が不可欠。マスターデータ管理を活用すれば、マーケティング担当者が必要なデータにアクセスできるだけでなく、成果につながる有益な知見も得ることができるようになります。 詳しく見る 製品担当リーダー/マネージャー 商品と同じくらい大事なのが商品データ。マスターデータ管理を活用すれば、どこでも必要な情報を入手し、商品化までの期間を短縮して投資回収率を上げることができます。 詳しく見る
ビデオ 様々な企業の
幅広い課題を解決する
パートナー
様々な業種で活躍するイノベイターに、マスターデータ管理に対するアプローチ法について伺ったところ、 ある共通点が…。
Customer Testimonial Video
さらに表示 表示を減らす

精度の高い最新のマスターデータを活用すれば、事業全体のビジネス価値を高めることができます。

Drive digital transformation デジタルトランスフォメーションの促進 マスターデータの活用により、イノベーションやアジリティ、事業成長を促進できます。
Improve data quality データ品質の改善

データの一元管理により、データ品質が大幅に向上します。

Time-to-value@2x Time to Value(タイム・トゥ・バリュー:導入から成果が出るまでの期間)の短縮 アジリティを強化して成果が出るまでの期間を短縮し、業務効率を大幅に改善します。
Strengthen governance ガバナンス強化 コンプライアンスを向上し、規制管理体制の確立と徹底を図ることができます。
Power customer centricity 顧客中心のサービスの実現 データを駆使してサービスをパーソナライズ化し、群を抜いたカスタマーサービスを提供できるようになります。
Drive-Actionable-Insights@2x 実践的な知見 ユニークな戦略的知見を抽出し、データの資産価値を最大限に高めます。
詳しく見る

web_factoid_single_STEP_JP
詳しくは… Stibo Systemsにぜひご相談ください マスターデータ管理ソリューション&サービスにかけて40年の経験と実績を誇るStibo Systems。
貴社のビジネスを第一に掲げる「ビジネスファースト」で、様々な角度からビジネスの成功をサポートいたします。
お問い合わせ