Stibo Systems | Master Data Management
x


マスターデータ管理とは何ですか?

 

MDMへの貴社の重要なビジネス概要

以下はMDMについて知っておくべき全ての事柄および貴社のデータをまとめ、企業内全域における貴社のデータの単一で正確なビューの作成などを説明したものです。

 
trg
 

ダウンロード:

世界の名だたる企業がMDMを使いどのようにしてデジタルトランスフォーメーションを進めたのかをご覧ください。

 

いますぐダウンロード
close

Find out what MDM is and why you need it

マスターデータ管理紹介

MDMは一貫した、柔軟性のある、スケーラブルなプラットフォームで、 効率よくマスターデータ管理ができ、事業に欠かせないデータの一元化ができます。製品、顧客、店舗・所在地、従業員、サプライヤー、デジタルアセット他数々の情報を識別し、リンクし、シンジケートを通して事業を支えます。

MDM はお客様が直面している課題の数々、特に下記の3点の課題を克服します。

1.データのサイロ化および多数のバージョンによるデータ

2.手動で入力、維持された結果生じるデータエラー

3.どのデータ要素を信用すべきか分からないことも含めた適時性

マスターデータ管理の利点

MDMはERP, CRM, Eコマース他、貴社の全てのシステムからのデータを連結し、共有し、貴社のデータの360度ビューの作成ができます。それにより、顧客の購買履歴から製品が入手可能かどうか、サプライヤーとの関係など全てが分かります。

MDM により:

製品、サービス、セールス増加のためのビジネスに集中することができ、

行き届いたサービスとエンゲージメント・エクルペリエンスを提供し、

時間や資源を浪費し、利益につながらない仕事をしなくてもよくなります。

これらの利点で支えられマスターデータ管理により以下のことが可能です。

サイロの削除:異なる部署や事業部に存在するマスターデータのサイロ

ビジネス効率を改善: 組織、事業データを連動させて効率をあげる

協働を増加: 内部と外部のグループの協働を増やす

カスタマーエクスペリエンスを強化: インサイトを使いビジネス成果を上げる

リソースの節約 重要なデータプロセスの自動化を図る

リスクの軽減: GDPRなどの規制遵守によりリスクを軽減

マスターデータ管理とは

マスターデータ管理は、会社のセールス、マーケティング、事業戦略のビジネスルールに従い、マスターデータを管理、一元化、整備、分類、ローカライズ、同期化、強化に使われる中核的なコンポーネントです。

マスターデータはビジネスを主導する情報源も含み、製品、顧客、サプライヤー、所在地、アセットなどの情報です。 マスターデータの中央リポジトリーでの効率的な管理で、単一の信頼できる情報ビューを提供でき、データサイロによる費用のかかる非効率性を排除できます。

マスターデータと不良データの代価

貴社のビジネスが成長するにつれ、ITランドスケープはより複雑になります。買収、新しい国への進出、新しい市場での成長などで、 多数のシステム、アプリケーション、テクノロジーで事業展開する羽目になります。この断片化した環境ではデータ管理が困難です。

 

Ventana社の調査で分かったこと:

  • 製品情報の単一ソースをもたない46%の企業がスプレッドシートを使用しています。
  • こうした47%の企業では製品関連のエラーが頻繁に生じています。その内19%がエラーにより財政的に悪影響をうけています。

 

もう一つのデマンドジェネレーションの報告書によると:

  • 85%に近い企業が、10%から40%の記録は使い物にならないと述べています。   
  • 62%の企業が20%から40%の不完全で不正確な見込み顧客のデータに未だに頼っています。

 

Ovum社の調査によると:

  • 不良データの膨大な代価は収益の少なくとも30%を占めます。

 

MDMはデータ管理に組織だったアプローチをし、貴社のデータの分析および品質の価値を高めます。情報、人そしてプロセスを連結させ、事業目標、データ確認、データの品質並びに正確性を確保するサポートをします。

MDMのない世界

 

MDMのない世界は実に不思議なところです。注文したものが顧客に届かない、同じものを何度も提供している、製品の取り違えなどが生じる世界です。

 

 

マスターデータ管理の役割は何ですか?

マスターデータ管理の役割は、サイロを除去し、一ヶ所にデータを保管し、管理し、共有し、修正することです。結果は以下を含みます。

1.4倍も早く商品を発売

2.資金、カスタマーサービスクエリーを削減

3.マーケティング経費を50%近くまで削減

4.サプライチェーンの複雑さを軽減

5.あらゆる情報源からの顧客情報が一目でわかる

6.運用上の効率性を向上

7.マーケティング、販売促進に効率よく対象を絞る

8.人材・資源をより重要な分野に役立たせる


MDMを使用したデータの管理度を高めれば、ビジネス目標の達成度が高まる

マスターデータ管理用語集

PIM、 DAM、 CDO、データエンリッチメント、マッチング、リンキング

略語、用語、誇大宣伝が意味することや、マスターデータ管理とどのように関連しているのかも良く分からないといったことににお答えするために、以下のAからZでMDMについてお答えします。

マスターデータ管理使用の実例

 

MDMソリューションの採用を促すいろいろなシナリオをご覧になっていることでしょう。

貴社のデータは多数の所在地、部署、ドメインに分散しています。

不正確なデータを特定し、単一ビューを得るためにデータクリーニングをしたい

クリーンマスターデータをデータ保管庫に保管し、ビジネスインテリジェンスツールで調べたい

データ関連のプロセスが遅く、人材も要する

Kraft-Heinz社が最近遭遇した以下のシナリオをご覧ください。

Kraft-Heinz社は、内部システムの詳細な製品情報が外部ウエブサイトに掲載されているものと同じであるかどうか確認する必要がありました。22,000以上の製品を取り扱い、23,000以上の画像が存在し、ブランドも200以上あるので、非常に難しいタスクでした。その上、新製品またはデータは多数のシステムに自動的に追加されなければいけませんでした

 

 

22,000
製品

23,000
以上の画像

200
以上の異なるブランド


そこで、MDMソリューションを使用し、製品と栄養成分の情報を統合し、画像とマーケティング資料も含め、適時に完全かつ信頼できる情報ソースを得ることにしました。このMDMベースの単一情報ソースはKraft Heinz社の全ての内部ビジネスシステム、および外部ウエブサイトで使用され、アマゾン、ウオールマート他の第三者によっても使用されています。

「PIMを含めマスターデータ・システムに関するナレッジが豊富で、当社の利益を増やすことができました。」

The Kraft Heinz Company社のEコマース・システム・マネジャー、ウエイン・フィリップス

マスターデータの種類

 

マスターデータは一般的なデータの単一ソースですが、異なるデータの種類が多くあり、それらがしばしば企業内で標準定義と照合されず、重複したテータが保管されています。The Informations Difference's MDM Landscape によると、25%の企業が15以上のデータリポジトリーを保有しています。MDMはこの異種で、重複したデータの問題を解決し、多数のデータ種類を管理し、統制できるようにします。

Customer data

顧客データ

最も一般的なマスターデータの種類は、氏名、メールアドレス、郵送のための住所および顧客の志向を含めた顧客情報です

顧客データは、顧客満足度を20%以上も高める可能性を秘め、驚くほどのエクスペリエンスの創造が可能です。

詳しくはこちらから
Product Master Data Management

商品データ

製品の説明、価格、サイズ、画像などで、顧客は情報を得たうえでの購買意思決定ができます。

調査によると、より良い製品情報でオンラインセールスが17%から56%アップします。

詳しくはこちらから
Supplier master data management

サプライヤーデータ

統合された、正確で最新のビューを使用し、貴社のサプライチェーンの全ての要素が分かります。

結果、よりよく管理でき、サプライヤーとより近い関係が持て、製品のオンボーディングも改善できます。

パーティデータ

パーティデータを記録すると、貴社の各記録の価値が明確に理解でき、重要な関係を築くことができます。それにより、競争上優位性を得られます。

ロケーションデータ

所在地情報は、所在地に基づく顧客の購買習慣の分析、製品、店舗、競合相手の所在地などをよりよく理解できるだけでなく、貴社の店舗チェーンの運営を改善するために欠かせません。

参照データ

国、通貨、最新の換算などの参照データフィールドはビジネス意思決定、組織の業績にあたえる影響を理解するため、そして法規制遵守のために不可欠です。

マスターデータ管理戦略

 

MDM実装で成果を上げたいなら、戦略構築のために、以下を実行してください。

マスターデータ管理ロードマップを作成

目標を念頭に作業を始めると、ロードマップの方針が定まり、それに従うことにより、プロジェクトチームが焦点を見失うことなく、協力連携できます。

ロードマップはビジネスでやるべきことを総括できるのが常です。

解決すべき問題・課題を識別

 

ビジョン、利点、期間枠も含めたプロジェクトプランを作成

ギャップ(あるべき状態と現状の差)の一覧とそれを解消するギャップクロージャー戦略

 
 

実装から何年も続く、高レベルなブループリントを作成

マスターデータ管理の目標を立てる

MDMを展開する第一歩は対象とすべきマスターデータドメインを特定することです。 プロジェクトを進める指針、焦点、所有権を明確にすると、より短期間で、混乱を最低限に抑え、より低い費用で、最終目的に到達できます。

マスターデータの所有権

企業内で異なるデータ所有権を識別し、MDMプロジェクトに入れる必要があるかも知れません。新しい単一の一元化されたデータの世界でそれぞれの役割を考えてください。

データ所有権を割り当てるために協働ステークホルダーチームを設置

マスターデータ管理の課題

大規模なITプロジェクトの一般的な障害を、実行に移す前に考えることにより、スピード感をもって実行でき、効率的な成功への道が開かれます。

ステークホールダー・エンゲージメント

ユーザーがMDMは単にITイニシャティブだとみなすリスクはあります。 ビジネスで主導権を持つ人にMDMの利点をよく理解してもらうことです。

経営陣のサポートを得る

MDMは多大な変化をもたらしますから、迅速に支持を確保することは非常に大切です。

文化を変える

自分がデータ主導ビジネス文化の先導者とならなければいけません。MDMが重要であることを各ステークホールダー、会社、そして顧客に明確に伝えるべきです。

管理要件

MDM要件を纏める際に、不必要な要望を排除し、後でやり直しができない不適切なデザインに関する意思決定といった不要な要求を排除してください。

予算編成

実行段階で何らかの新しい発見事実が生じた場合、即刻予算への影響と、その変更がビジネスにとって意味することを査定します。

スケジュール

企業全域に及ぶITプロジェクトでは、変更は起こりえます。計画には柔軟性と順応性を持たせ、ステークホルダーと定期的にコミュニケーションを保ちます。

これらの課題に打ち勝つことは最大のアセットの一つで、長期にわたるビジネスへの利点を伝えることで達成できます。

マスターデータ管理ドメイン

 

MDMは、貴社の他のシステムと連携し、拡大縮小が可能なので、貴社のIT投資の価値を高めます。MDMは貴社のビジネス課題の全てに関連する異なるデータドメインを網羅します。

例えば、CMDM (カスタマーマスターデータ管理)プラットフォームは カスタマーエンゲージメントを可能にし、一対一の独特なエクスペリエンスを築きます。もし課題がより早く製品を市場に投入すること、または、オム二チャンネル作業を改善することなら、 PMDM (商品マスターデータ管理) でのアプローチがあります。 包括的かつ総合的アプローチには、 マルチドメインMDM があります。現在世界の多くの大手会社はこのアプローチを選択しています。理由は、このアプローチが最も顕著なインサイトとROIをもたらすからです。

どのようにマスターデータ管理が役に立っているか

 

顧客マスターデータ管理

デジタルビジネスとITイニシャティブを促進でき、単一の統一されたカスタマービューで、顧客が望むカスタマーエクスペリエンスを提供できます。それにより、以下が可能です。

  • 平均注文数が増加
  • 顧客維持の促進
  • 顧客生涯価値の増加
  • アップセル、クロスセルの機会の増加

CMDM (カスタマーマスターデータ管理)で、セグメンテーションなどのための信頼できる顧客データ基盤により、パーソナリゼーション、顧客中心のターゲティングを促進できます。アクセンチュア社によると、顧客の購買履歴を把握することにより、貴社の製品を選ぶチャンスは65%アップします。 また、信用できるブランドから得た素晴らしいエクスペリエンスから顧客は高くても買う傾向があるとも述べています。

ブログ:カスタマーマスターデータ管理の事業価値

商品情報管理

PMDM (商品情報管理)により、貴社の全てのデータを一ヶ所に集約し、単一の承認済みソースとなります。

成功したアプローチの例:イギリスのマークススペンサー社は585もの異なる製品属性を持ち、ウエブサイトは8つ、5ヶ国語で展開しています。PMDMを利用した結果、M&Sは以下を可能にしました。

  • データ・コントロールのために、ルールを設定: 例えば、全てのサイズに適切なラベルが付けられるまで、衣服をオンラインで公開できないなど。
  • 製品範囲を各国ごとに設定: ある特定の国で販売許可がない場合、その製品は関連するウエブサイトに表示されないなど。
  • 全てのコンテンツを英語で管理: PMDMは国際的に販売されいる製品に自動的にフラグをつけ、本文は翻訳にまわされる
ブログ: 製品情報管理でカスタマーエクルペリエンスを改善できる4つの方法

マスターデータ管理の機能

 

MDMは企業内の全ての部署と連結し、情報を届ける中核的なデータ機能を備えています。高品質なデータを企業全域に分散できるので、貴社のビジネス戦略を変換することができます。


MDMの機能で以下が可能です。

収集

全体像を得るために、孤立化したシステムからのデータを結合

クレンジング

他のシステムでも使いやすいように正確かつ構造化されたデータを生成

プロファイル

新しい情報作成のためのリンクの権利を与える

共有

一貫性のなさを軽減し、連携を改善するために協働

保護

データの所在地を把握し、確保し易くする

マスターデータガバナンス

 

データガバナンスについての二つの留意点

 

1. データガバナンスポリシーがあれば、ビジネス成果を上げる仕事に集中できる

2.Ventana Research社の調査では企業の半数がデータガバナンスの確立は、商品情報管理にとって、欠かせない機能だと認識しています。

 

十分なデータガバナンスがなければ、MDMプロジェクトは成功しないかも知れません。

マスターデータ管理の成功の鍵

 

MDMに投資しているかどうか、MDMを使い始めたかどうかに関係なく、MDMを成功させるために、基礎的な構築要素を理解する必要があります。

貴社に適したソリューションの見つけ方

多くの要素は、貴社が選択するMDMソリューションのファクターを定義することです。

貴社の特定のビジネス課題をこのソリューションで解決できるか 

資本支出(CAPEX)として予算をとりますか(この場合オンプレミスを選択)、それとも運営費(OPEX)として予算をとりますか(この場合クラウドのMDMを選択)

製品、顧客またはマルチドメインMDMに重点をおいていますか

このプロジェクトは地域的なものですか、グローバルなものですか

MDMソリューションは拡大・縮小が可能で、将来的にデータ要件を満たすことができますか?

MDMソリューションは柔軟で、広範囲にわたるデータインテグレーターがありますか?

マスターデータ管理の成功を達成するには

ビジネス課題の複雑性やニーズを理解すればするほど、計画的にマスターデータ管理ソリューションを選択することができます。ここに7つのMDMプロジェクトを成功させるステップがあります。

マスターデータ管理:重要な考慮事項

 

戦略を構築した後、MDMジャーニーを始める前に、4項目を考慮してください。


 

1.
ビジネスケースを構築:

大規模なITプロジェクトにはたくさんのステークホルダーや要素が関係しているので、ビジネスケースを構築するために以下のガイドが役にたちます。

2.
目的使命と連携:

計画が貴社のビジネス目的と連携しているか考えてください。また、克服しなければいけない障害に留意してロードマップを作成してください。

 
 

3.
適正なアプローチを選択:

利用できるデリバリーオプションを考えてください。例えば、段階ごとに進む連続的なアプローチか、反復するアジャイルアプローチかのどちらかを選べます。

4.
ビジネス価値の数量化

貴社にとって成功とはなにかを考え、それを追跡できる明確で達成可能なメトリックスを設定し、結果を測定します

 

次は?

 

MDMソリューションがいかに貴社の業界やビジネスニーズに役立つようにデザインされているかお知りになりたいですか?