CSR (企業の社会的責任)

Stibo Systemsは、マスターデータ管理業界のリーディングカンパニーとして、倫理的・社会的・経済的な責任を果たし、環境規格を遵守することを徹底しています。

Stibo Systemsは、企業の社会的責任と環境への配慮を重視しています。 企業として責任を持って行動することは、テクノロジー産業における当社のビジネス活動の発展と成功だけでなく、当社の事業に関わるコミュニティーの経済と持続可能性にも貢献することです。 このような考えから、Stibo Systemsは、厳格な企業の社会的責任(CSR)ポリシーを採用しています。

さらに表示 表示を減らす

Stibo Systems CSRポリシーの4つの柱

Human-Rights@2x 人権 国際的な人権を尊重し、サポートしています。
Ani-Corruption@2x 汚職防止 搾取や贈収賄などを含め、あらゆる汚職の防止を徹底しています。
Labor Rights@2x 労働者の権利 あらゆる強制労働の撲滅に向けた取り組みを支援しています。
Environment@2x 環境への配慮 環境への影響を低減する取り組みを継続的に実施しています。

Stibo Systems - Corporate Social Responsibility

Stibo Systems CSRポリシー

Stibo Systemでは、企業の社会的責任を「倫理的、社会的、経済的な責任を持ち、環境の持続可能性に配慮しながら事業を営むこと」と定義しています。 Stibo Systemsの事業活動は、様々な文化、宗教、民族、地方、領土、国に影響を及ぼす可能性があります。 当社では、企業として責任を持って行動することが、テクノロジー産業における当社のビジネス活動の発展と成功だけでなく、当社の事業に関わるコミュニティーの経済と持続可能性にも貢献するということを深く認識しています。

Stibo Systemsでは、以下の行動規範を定めています。

  • 国連の国際人権規約を含め、適用されるすべての現地法および国際法に準拠すること。Stibo Systemsは、一切の人権違反や人権侵害を認めない。
  • 職業を選ぶ自由の原則に基づいて雇用を行う。 Stibo Systemsは、強制労働、奴隷労働、労働搾取、契約労働、非自主的な労働に従事する企業とは契約しない。 さらに、Stibo Systemsでは、従業員に関する方針やビジネス慣習において、児童労働の廃止、就業時間、賃金・福利厚生、従業員の扱い、結社の自由、健康と安全を最優先に考慮するものとする。
  • 人種、性別、年齢、国籍、宗教、障害、性的指向、配偶者の有無、政治的見解による差別を行わず、すべての人々に平等な機会を提供する。
  • 業界で最も厳格な倫理基準や価値観に沿って、オープンで透明な事業取引を行う。 Stibo Systemsは、誠実なビジネス、反不正行為・反贈収賄、情報開示、知的財産権の保護、公正な事業活動、サプライヤーおよび従業員の保護をビジネス原則として掲げ、それに沿った企業活動を営むものとする。
  • リサイクル、節水、環境への配慮を含め、環境フットプリントをできるだけ抑え、持続可能性を高めるためのビジネスや製品を開発する。
  • 能力開発支援や、士気の向上につとめ、協働しやすい職場環境づくりに取り組むことで、従業員のやる気と能力を伸ばし、従業員エンゲージメントを向上する。
  • 慈善事業や慈善活動を営む企業に積極的に寄付を行う。

Stibo Systemsの経営幹部は、法務部に必要な権限を移譲し、上記の規範に沿って、すべての企業活動の確認と承認を行っています。

Stibo Systemsは、世界で活躍するマスターデータ管理分野のリーダー企業として、国際ビジネス法や慣習に沿った事業を展開していきます。 企業として、当社が関わるすべてのコミュニティの原則を尊重し、すべての従業員、管理職、取締役が日常業務を通して、グローバルなCSRポリシーに積極的に取り組んでいきたいと考えています。

詳しくは… Stibo Systemsにぜひご相談ください マスターデータ管理ソリューション&サービスにかけて40年の経験と実績を誇るStibo Systems。
貴社のビジネスを第一に掲げる「ビジネスファースト」で、様々な角度からビジネスの成功をサポートいたします。
お問い合わせ