<iframe src="https://www.googletagmanager.com/ns.html?id=GTM-PBG4WG" height="0" width="0" style="display:none;visibility:hidden">
Stibo Systems - The Master Data Management Company
Stibo Systems - The Master Data Management Company

日用消費財(CPG)ブランドがデータ・クレンジングに注目する理由

 |
2021/01/20 9:20:00
| 3 分で読めます

メーカー各社は今後、2020年を振り返る際、課題、変化、成功、そして新たな学びについて熟考することになるでしょう。多くの企業が綿密なソリューションの設計を加速させ、それらをうまく応用している一方で、新しい販売経路への拡張、新商品の販売開始、新しい購入者へのデジタルシェルフを経由した販売に向けて、急遽一時しのぎのシステムを生み出し導入した企業もあります。

2020年のデジタルシフトは、新しい消費行動の可能性を広げました。マッキンゼーによる48か国を対象としたレポートによると、世界中の消費者の75%が、新型コロナウイルスの流行以降、新しい購買行動を試しているとされています。ブランド各社は、消費者が簡単に購入を検討し直し、価格や品質、目的、入手しやすさといった基準に基づいてブランドを切り替えやすくなるといった状況に、知らず知らずのうちに巻き込まれていたのです。

店頭販売が減少したことで、ブランド各社は自社製品を販売できるオンライン販売チャネルの規模を大幅に拡大して、積極的に新たな販売経路を模索しました。メーカーの自社サイトに加え、販売パートナーやマーケットプレイス・パートナーが、拡張と改善の主な対象となりました。

ブランド各社は、2020年の混乱を乗り切るために、自社が所有していたテクノロジーや、流通経路の拡大と顧客の保持のために素早く採用できるテクノロジーを活用しました。販売パートナーによる開発の多くがメーカーの管理外で行われたため、その結果として、2021年に評価やデータ・クレンジングが必要となる可能性があります。

この新しいデジタルの現実、そして競争力を維持するための新たなツールを採用する必要性が、メーカー各社の2021年の計画に与える影響について見ていきましょう。

デジタル販売のスピードアップ

2020年にEコマース販売の浸透率が3%から15%に上昇したことで、日用消費財メーカーは今年、大きな転機を迎えています。より多くの消費者がオンライン購入を選択しているため、各社ともにEコマースでのマーケットシェアの維持に苦戦を強いられています。

デジタルでの製品管理と解析に後れを取ったブランド各社は、新機能の構築、新ツールの導入、新プロセスの構築を行い、改善を進めました。さらに、独自の顧客基盤に合わせた品ぞろえを実現するために、より幅広いオンライン販売業者のネットワークと新たな関係性を構築する必要がありました。

小売のバリューチェーンは変化しており、メーカー各社は、販売業者や消費者の移り変わる需要に対処する俊敏性と柔軟性を備えた盤石なデータ基盤を必要としています。

多くのメーカーが、一部の大手小売業者ではオンライン販売を行い、またその何十倍もの規模で店頭販売を行っていました。しかし春には、その多くがデジタル販売については後手に回っていることに気づきました。販売チームやアナリストは新しい販売チャネル開拓に取り組み、さまざまな販売業者で毎週のアイテムの新規追加やデジタルシェルフによる販売を行いました。

デジタルシェルフの急速な拡大に伴い、さまざまな要件が生まれましたが、日用消費財メーカーの多くが複雑で時間のかかる、しかもデータエラーにつながりやすいExcelなどのツールを使用していました。ラベル表示以上の製品情報を取得できる機能があれば、消費者の75%がためらわずにブランドを切り替えるような状況では、そのような些細な支障が高くつく可能性があります。

Why Data Cleanup Is In Many Consumer Goods Brands' 2021 Outlook

2021年の大規模データ・クレンジングに必要なツールとは

2020年をまとめると、日用消費財メーカーにとっては自社が新たに作成したプロセスや現在のデータソリューションを再評価するのに最適な時期が来たといえます。食品・飲料カテゴリーの流通、デジタルマーケティング、Eコマースにおける真のリーダーとなるために十分なプロセスやデータソリューションを持ち合わせているでしょうか?ブランド各社は、商品情報が最適化されていること、販売エコシステム全体で共有されていることを検証するにあたり、以下の点を検討する必要があります。

1. チームはデータをうまく活用し、透明性の高い、信頼できるデータソースを構築できていますか?このソースは管理されているだけでなく、分析やマーケティングニーズに対応できるよう、組織全体からアクセスできるようになっていますか?

2. 商品データは、経時的に強化できるように製品情報、写真、パンフレット、その他の重要な情報が含まれた形で、一元性・一貫性が保たれていますか?このデータは提携パートナーが使用する際に信頼できるものですか?

3. データ共有は1回で完了する提案ではなく、提携パートナーと継続的にデータ接続を行うことを意味するようになりました。ブランド情報の配信方法は、販売業者の変化するデータ要件に対応した、タイムリーで柔軟性のある正確な商品情報であり、今日の販売業者のニーズを満たせていますか?

4. デジタルシェルフの拡張や調整を行って、新たな流通チャネルを迅速に追加できていますか?またこれには、多様で拡張が難しいプロセスではなく、一貫性のあるプロセスを使用していますか?

販売のバリューチェーンは変化しており、メーカー各社は、販売業者や消費者の移り変わる需要に対処する俊敏性と柔軟性を備えた盤石なデータ基盤を必要としています。これから数年の間に、日用消費財メーカーには、オンライン流通を急成長させ、成功した商品のプロアクティブな解析を特性に基づいて行い、データのエンリッチ化と改善を行うチャンスが訪れます。

販売パートナーと協力して商品ラインナップを拡張し、新たなチャネルへの販売提供を拡充することで、ブランド各社は現在の顧客を維持しつつ、2021年に新たな購入者を獲得できるようになるでしょう。

New call-to-action


Master Data Management Blog by Stibo Systems logo

ブライアン・クラスターは、Stibo Systemsの消費者向けパッケージ商品および小売業界を担当するインダストリー・ストラテジー(業界戦略)ディレクターです。戦略の共同作成、分析の提供、ビジネスプランやデジタルトランスフォーメーションの構築などに20年の実績があります。Stibo Systemsでブライアンは、多様な業界の専門知識を有効活用して、フィールドチームに方向性と戦略を提供し、マスターデータ管理ソリューションの顧客価値向上をサポートしています。



← 前の記事へ
次の記事へ →

ブログをフォローする

新しいブログ投稿が公開されたときにメール通知を受け取るには、メールアドレスを入力してください。