Stibo Systems - The Master Data Management Company

デンマークオーフス発–マスターデータ管理(MDM)ソリューションのグローバルリーダーであるStibo Systems(本社:デンマークオーフス、日本法人:東京都中央区、代表取締役:工藤宏之)は、野心的な環境・社会・ガバナンス(ESG)戦略を発表しました。その目標は、革新的なMDMソリューションを通じてデータの透明性を提供し、社内のESG基準を満たすこと、ならびに顧客やパートナーが独自のESG基準を設定し達成するための支援を行うことです。

「顧客や従業員からのサステナビリティに関する具体的なアクションへの要求の高まりや、欧州で間もなく導入され、米国でも必然的に導入される新しい規制などにより、ESGは誰もが念頭に置いています。サステナビリティの目標にまだ取り組んでいない企業であっても、これを考えるようになっています。」9月にStibo SystemsのESGおよびサステナビリティの責任者に任命されたポール・ヴァン・レネップはこのように述べています。

Stibo Systemsにとって、企業の社会的責任と環境への配慮は、グローバル企業としてのルーツであるデンマークの商業印刷業者が設立された1794年にまでさかのぼることができます。現在、Stibo Systemsは世界中の企業がその社会的責任(CSR)の目標を達成し、ビジネス、環境、社会における活動を最適化するための支援に取り組んでいます。

ESG戦略の柱として、Stibo Systemsは以下のことを約束します。

気候への影響の低減
Stibo Systemsは、事業全体からの炭素排出量と環境負荷を削減するために体系的に取り組むことにコミットし、業界において模範を示します。当社は、2023年初頭までに科学的根拠に基づく目標イニシアチブ(SBTi)を通じて気候科学に基づいた排出削減目標を設定することを約束します。

MDM分野で最も魅力的で価値のある雇用主に
Stibo Systemsでは、従業員は事業を展開するコミュニティの多様性を反映すべきであると強く信じています。また、組織全体の多様性、公平性、包括性の枠組みに沿った野心的な基準を設定します。目標のひとつは、2030年までに管理職や指導的役職においてひとつの性別が占める割合を最大60%までとし、社内の多様性を高めることです。さらに、差別と闘い平等を促進するためのプログラムを継続して実施します。

社会に積極的に関わり、地域社会の発展を支援
Stibo Systemsは、事業を展開する社会に貢献し、関連する社会貢献プログラムを積極的に開発し、参加します。その目標は、地域社会の発展を促進するとともに、教育を社会に結び付け、その地域社会の福祉に役立つ研究や、社会および文化における課題を支援することです。Stibo Systemsは、この分野でも具体的な目標を設定し、ボランティアプログラムを増やすことを目指しています。このプログラムでは全従業員が2日間のボランティア活動を行う機会を提供し、増加している恵まれない人々に教育や支援を通じて貢献します。

顧客がESGやサステナビリティの目標を達成することを奨励し、実現可能に
Stibo Systemsは、自社の事業にとどまらず、ESGやサステナビリティのパフォーマンスを向上させるソリューションを提供することにより、お客様の事業展開に影響を与え、ESGの目標を達成できるように支援します。

サステナビリティを企業文化に根付かせるため、Stibo Systemsでは新しいお客様、パートナー、従業員を迎えるたびに植樹を行っています。

詳細についてはStibo Systemsのサステナビリティマスターデータ管理および企業の社会的責任をご覧ください。

Stibo Systemsについて
Stibo Systemsは、データの透明性を実現する、信頼あるマスターデータマネジメント会社です。世界中の先進的な企業がマスターデータの戦略的価値を最大限に活用し、顧客体験の向上・イノベーションと成長の促進・デジタルトランスフォーメーションの推進を行うための基盤構築に不可欠な原動力となっています。当社は、企業が必要とする「透明性」、すなわち一元化された正確なマスターデータを提供することで、十分な情報に基づいた意思決定と、あらゆるビジネス上の目標達成をお手伝いします。Stibo Systemsは、1794年に設立されたStibo A/Sソフトウェアグループの非公開会社で、デンマークのオーフスに本社を置いています。詳細についてはhttps://www.stibosystems.com/ja/をご覧ください。

本リリースはデンマークStibo Systems本社が2022年11月1日(現地時間)に発表したプレスリリースの抄訳です。

【お問い合わせ】
Stibo Systems株式会社
担当:マクミラン
連絡先:03-4588-2776(代)
メール:info@stibosystems.jp



← Previous article Next article →