数千万規模のジョイントベンチャーはERPやビジネス・ユーザーからの膨大なデータ量の管理方法を改善したいと考えていました。もう少し詳しく言うと以下の通りです。

  • どのサプライヤーがどの工場に部品を納品したかを追跡
  • サプライヤーのレスポンス・タイムを最適化
  • 在庫管理の強化

この会社はマスターデータ管理ソリューションが解決すると判断しました。どのように管理したか:

  • 全ての部品、工場、BOM(部品表)、ロジスティック、組立作業、サプライヤー・データを一元化
  • 35の異なるオブジェクト・タイプと80の最先端ビジネス・ルールを取り扱う真のMDMシステムを実装
  • 部品を受領、使用し、リアルタイムで組立指示をするために作業員に個々のワークステーションを設置
  • データ品質、パフォーマンス、プロセスの透明化そして製品ライフサイクルのプロセスで劇的な改善を実現

右のフォームからケース・スタディーの無料のコピーを入手

それを得る
今すぐ無料で