医療商品情報の提出に対する新しいISO IDMPスタンダードの導入で、製薬会社は自社のデータの管理方法を見直さなければならなくなりました。XEVMPDを含む新しい規制の導入により、各企業は審査から消費者への医薬商品情報を管理するためにデータを使いこなすための機会を得たのです。

  • コンプライアンスを遵守し、組織全体の効率を上げる
  • GS1などのデータプールでシームレスな統合
  • システムから自動的に提出が出来るようにする

このソリューション概要でマスターデータ管理がどのように達成されるかを以下の通り見ていきます:

  • 内部及び外部ソース両方からのデータを同期及び整理統合し、サプライヤー、顧客そして規制機関間でのコミュニケーションを容易にする
  • データガバナンスで、新しいヘルスケア・ビジネスモデルの開発をサポートする
  • 医療商品の特徴に関する認識と透明性をサポートする
  • 規制遵守を医療商品データに組み込む
  • 製薬や治験情報の共有を簡単にし見識を磨く

今すぐ無料で利用できます