照明、視覚化及びセンサー技術の光半導体商品で世界を先導する技術及びメーカーとして、この業界は高品質基準やイノベーションに関して熟知しているので、データ管理は非常に重要な課題です。

この会社がどのようにMDMとPIMを並行して開始し、従来の商品データ管理及びEコマースから装置や設備のマスターデータ管理に移行したかを学びます。継続的に得る恩恵には以下も含まれます。

  • データ品質の改善
  • 冗長性の排除
  • 一貫性
  • データを迅速に利用可能にし、人件費の長期的削減
  • ワークフローの修正による効率化したメンテナンス

右のフォームでケース・スタディーの無料コピーを入手

今すぐ無料で利用できます