Oriental Trading Companyは20万個のユニークな商品を扱い、常に入手可能な商品に加え、季節により売り出される商品を合わせて2万~4万個が常に販売対象となっています。毎年80冊以上のカタログを作成し、年間2億3,000万部以上を郵送しています。カタログはウエブで買う人たちにとって、参考資料となりました。

この会社がどのようにITイニシアチブとして商品情報の管理処理からビジネスファーストの管理に変更できたかを見ていきます。

結果、以下の効果がありました。

  • 複数システムでの重複エントリーの削減
  • データ一調整のニーズの削減
  • データに触れる/引継ぎ回数の削減
  • 商品紹介(コピー、画像、Eコマース)の促進
  • 新しい商品や早期の商品変更の可視化
  • 商品出荷状況についての質問に回答

 

右のフォームでケース・スタディーの無料コピーを入手

今すぐ無料で利用できます