データの整理や検索が「うまくいっている」または「非常にうまくいっている」のは企業全体のわずか13%にすぎません。

read more...