テクノロジーによって顧客は自分が望む商品をいつでも好きな方法で探すことができるようになりました。小売業者は根本的に変化を求められ、変化が徐々にサプライチェーンに浸透してきています。様々なブランドメーカーや消費財メーカーが独自のデジタル化に着手しています。

しかしもし自分の事業体がこのような動きを見せていないのであれば、かなり怖気づいていると言えます。何からはじめたら良いのか、そして何が主な懸念点なのか?このebookで探ってみましょう。

右のフォームでデータシートの無料コピーを入手

今すぐ無料で利用できます